ハイレベル現代文~既存の現代文教育に対するアンチテーゼ~オンライン

「ハイレベル現代文~既存の現代文教育に対するアンチテーゼ~オンライン」は現代文を得点源にしたい大学受験生を対象とした講座です。

当塾では開業以来、オンライン授業と非常に親和性の高い電子黒板を使用しており、ホワイトボードや机上で行う指導と比べ「視認性」「即応性」「再現性」に優れた指導を可能にしています。
そのような強みを持った当塾の指導を、オンライン授業にそのまま適用することで教室で受ける授業さながらの授業を再現しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

「読めれば解ける。」は本当なのか?

読めれば解ける。現代文教育の現場でよく言われる言葉です。このような考え方に基づいた指導で、受験生は点数を伸ばせるのでしょうか。
まず第一に、入試現代文の文章は非常に難解です。そう簡単に読みこなせるものではありません。受験生が問題なく読める文章を出題してしまうと、皆さん高得点になってしまいます。これではテストになりません。だから、それを防ぐために「普通の受験生が理解できないレベルの文章」を出題するのです。難関大であればなおさらです。つまり、読めれば解けるという考え方は、入試現代文の構造に逆らうようなもので、無理のある考え方なのです。出題された文章がどのような内容だったか解説したところで、受験生が試験の場で講師の言うように本文を読めるようにはならないということです。

「あるべき戦い方」、とは?

では、この現代文という科目とどう戦っていけばよいのでしょうか。解き方に注目して勉強していくしかないでしょう。答えは必ず本文に書かれていますから、解き方に基づいて、答えになる箇所を見つけていくのです。ある種の宝探しゲームのようなものと言えるかもしれません。

一つ付言いたします。難解な文章を生徒と一緒に読み、それを味わっていく営み自体は否定しません。思春期や十代後半の多感な時期に難しい文章に触れ、難解であること自体に高尚さを感じ、夢中になる。そういった経験も間違いなく必要です。しかし、それは学校教育の場に任せるべきことでしょう。あるいは、趣味・習い事の領域なのだと思います。受験指導の場で、しかも受験学年の生徒にそれをするのであれば、不適切だと言わざるを得ません。

本講座では、あくまでも受験指導の場であることを踏まえ、答えの出し方に特化した解説をご提供いたします。それによって、受講者の得点力を養って参りますので、ご受講いただければ幸いです。

 

受験国語(現代文)指導「欺瞞」について~その指導で本当に学力は伸びますか?~

中学受験生・大学受験生・その保護者様に向けて、「本文の主張をつかめ」という指導は正しいのか?という点を検討し、受験国語の在り方はどのようなものなのかお話させていただいております。

 

サンプル講義

使用テキスト

オリジナルプリント
※難関私大・国公立大学の過去問から、良問を見繕っております。

対象

現代文を得点源にしたい大学受験生
※非受験学年も参加可能です。

定員

8名

必要な機材

・PC+スマートフォン、もしくは、タブレット+スマートフォン

・プリンター(お近くのコンビニ等での印刷も可能です)

日程

毎週土曜日 14:30~16:00

授業料

一コマ90分 7200円

 

お申込み/お問い合わせフォーム

生徒性別 (必須)

電話番号(必須)

講座案内:【オンライン】小6得点力養成講座【集団授業(2~7月)】

半年間で読解問題の得点力向上を目指す講座です。各回ともテーマに基づいて
大問4題を取り扱います。受講結果と復習用動画も完備しています。
教室で受ける授業さながらの授業を得点力養成講座オンラインでも再現しております。