灘中学校・2020(令和2)年度(2日目)【解説動画】

灘中学校2020年(2日目)国語の傾向

大問1が随筆、大問2が物語文、大問3が詩の3題構成です。2020年は4年ぶりに物語文が出題されました。記述問題が中心となるため、何を問われているのかをしっかり理解し、解答をまとめるという力が必要になります。

灘中学校・令和2年度(2日目)厳選解説動画

令和2年度 灘中学校(2日目)の入試より厳選した問題とその解説をお届けします。
問題文・設問については、各種WEBサイト等よりご入手頂ければ幸いです。
★全問解説Ver.はコチラにて随時UPしております。

なお、解説では各問題を
A:容易に正解できるので、合格するには落としてはいけない問題
B:少し難しめの問題だが、意欲的に取り組んでほしい問題
C:非常に難しいので、合格不合格のラインには影響しない捨て問題
に分類しています。参考にして頂ければ幸いです。

解説

大問二 問一

・「ホッとした」の理由を聞かれている問題です。

・物語文で理由を聞かれたときは、気持ちが理由になっている場合が多いので、背景・出来事と整理して気持ちを読み取っていきます。

【背景】母の瞳から父への憎しみを感じた
【出来事】母の表情が元に戻った
より、【気持ち】は、『安心している』ことが分かります。

そのため、【母の瞳に父への憎しみを感じたが笑顔に戻り、安心したから】が答えとなります。

オーソドックスな問題で直前に答えとなる箇所もあるため、確実に正解しておきたい問題です。

 

大問三 問一

・傍線部分の「…」が何を表しているのか問われている問題です。

【背景】夫が「台風が過ぎたようだ」といった
【出来事】黙っている
→じっと耳を澄ませ、台風が過ぎたかどうか確かめようとしている

より、【じっと耳を澄ませることで、台風が過ぎたかどうか確かめている】が答えとなります。

背景・出来事と整理する習慣が整っていれば、解ける問題です。

大問三 問二

・「ひくいこえ」を出したことに対する理由が問われている問題です。

【背景】幼い我が子が眠っている
【出来事】声を低くした
【気持ち】幼い我が子を起こしたくない

より、【幼い我が子を起こしたくないから】が答えとなります。

こちらも問一と同様に、背景・出来事と整理する習慣が整っていれば、解ける問題です。

コラム

幅広い国語学習に関連するコラムを提供しています。このコラムでは、大学入試共通テストの国語セクションに焦点を当てた考察から、東大の国語に関する検討、記述問題の自己採点方法、詩の学習の重要性、随筆文の解き方、長文読解の効果的なアプローチ、小論文のスキル向上法、過去問の活用、偏差値向上の方法、各塾の国語対策、学習法、受験心構え、中学入試における国語勉強法、理論的な読解方法、入試対策アプローチ、そして国語文法の重要性まで、幅広いトピックにわたる国語学習に関する情報とアドバイスが提供されています。