国語を苦手と感じないための学習法

国語を苦手と感じないための学習法

国語は教科の中でも苦手と感じるかそうでないかの差が大きく、勉強してもすぐに結果として現れるわけではないため、より苦手意識を持ちやすい教科です。また、理系で文系科目が苦手という場合や、国語だけ苦手というパターンも多いのではないでしょうか。しかし、国語は勉強の方法を工夫することで苦手を克服することができます。理系であれ文系であれ、国語は必須科目です。苦手意識を持たずに取り掛かれるようになりましょう。

会話を増やす

身近な大人、つまり親との会話を増やすことで、自分の気持ち・考えを伝える力や語彙力を日常的に養えます。会話が増えると、さまざまな言葉を覚えて正しく使い、順序立てて話す「会話力」を自然と鍛えることができるのです。さらに、言葉の使い方を意識すること、具体的な言葉で物事が表現できるようになれば、国語に対する苦手意識を感じることはないでしょう。

読む

国語の苦手を克服するには、文章を読む、ということが必要です。読書をすれば、登場人物の気持ちを想像したり、筆者の主張を理解したりと自然と読む力を養うことができます。しかし、国語を苦手と感じてしまう特徴として、読書が苦手、本を読みたがらないことが多いです。その場合は、短時間で読み取りの練習をして、まずは活字に触れる習慣をつけることが大切です。また、親が読み聞かせをして、まずは本に興味を持たせることも有効です。

読み聞かせをする場合は、親が選んだ本を買い与えるのではなく、本人が興味を持った本を読み聞かせることが重要です。そして、親がその本について興味をもち、いくつか質問をすることで、会話力の向上が見込めます。

文章をイメージする

国語を苦手と感じる場合、文章として読めているつもりでもただ読んでいるだけで言葉として理解していないということがあります。文章を読むときは黙読ではなく音読をするようにしましょう。その理由は、目だけで読むより、音読すると耳で聞くこともできるので、視覚と聴覚から情報を得ることができるからです。そして情景や文章の内容を絵で描いてみましょう。文字を読んでイメージする力が乏しいがゆえに国語に対する苦手意識を持っている場合があります。絵で描くことに慣れると絵に表さなくても頭の中でイメージができるようになります。文章をイメージする力を養うことが大切です。

漢字を覚える

国語の文章を読んだとき、特に国語だけ苦手だと感じている場合は、分からない漢字があるだけで、内容を理解できないと思ってしまい、それが苦手意識に繋がっていることがあります。分からない漢字が出てきたときは前後から意味を推測してみましょう。そして推測した後でそれが正しいか否かを調べて覚えるようにしましょう。それが自然とできるようになる頃にはほとんど苦手意識はなくなっています。
漢字はコツコツと勉強して繰り返し学習し定着させるようにしましょう。漢字は中学受験だけでなく、高校受験、大学受験でも必要なため、日々の小さな積み重ねがとても大切です。漢字が分かるだけでなく、漢字が持つ意味やその漢字を使う熟語も同時に覚えると語彙力が増えます。語彙力が増えると文章が読みやすくなり、読解力を高めることができるので、そのための第一歩として漢字の学習を日々行うようにしましょう。

解き方をマスターする

「どういうことですか。」という問いに対しては、「~ということ。」、「理由を述べなさい」という問いに対しては「~から。」、など答えの文末が決まっているはきちんと従いましょう。字数指定、字数制限、抜き出しの場合などそれぞれ提示された条件にきちんと合った答え方をしなければなりません。設問で問われている内容に対する答え方を意識して問題に取り組むだけで国語の成績アップに繋がるケースがあります。必ず意識するようにしましょう。

本文の内容を答える

「あなたの意見を述べなさい。」と問われない限り、国語の問題は文章に書かれている内容を答えます。基本的に読み手がその文章を読んで感じたことは関係がないので、それと本文の内容を一緒に考えないようにしましょう。また、選択問題であっても記述問題であっても、なぜそう答えたのか根拠を言えるようになると、国語が苦手どころか読解力が定着している証拠になります。本文の内容に沿った答えを書き、根拠も提示できるようになると苦手が克服できたと言えるでしょう。

記述はとにかく何か書く

記述問題は、国語を苦手と感じている場合、何も書かずに白紙・空欄にしてしまうということがあります。とにかく何か書く・空欄を作らないようにしましょう。記述問題は完璧に答えることができなかったとしても、部分点があります。本文の内容を答えることを意識し、解き方をマスターすれば記述のコツもつかめるようになり、部分点をしっかりとっていくことができます。国語が苦手だと感じていても、まずは何か書くという意識を持って取り組みましょう。

読解力・記述力は急に身につくものではなく、繰り返し、毎日の習慣でだんだんと身についていきます。まずは話すこと・簡単な文章に触れることを繰り返していけば、国語を苦手と感じることはなくなるでしょう。中学受験・高校受験・大学受験、どの受験でも同じことが言えます。

自宅で行っていただきたいことと並行して、当塾では、たくさんの問題を解いていくうえで正しい方法論を習得する、読解演習道場という講座と、漢字を覚えながら正確な思考回路を学ぶための読解演習講座を開講しております。

詳細はコチラをご覧ください。生徒さんのご参加、お待ちしております。

講座案内:長島式読解講座「Basis」【中学受験】

自由なスケジュールで受講可能。理論に裏打ちされた読解法を短期間で習得できます。