国語のテストを受けるときの3つの「心構え」

国語のテストを受けるときの3つの心構え

国語のテストは時間が足りずに全問解けないという声を多く耳にします。国語のテストの時間配分はどうしたら良いのでしょうか。その心構えとテストの点数を上げて安定させるコツをつかんで解き方をマスターしていきましょう。

スピード

文章を読むスピードは自分が理解できるスピードで読むようにします。はやく読むことだけを意識してしまうと、文章がきちんと頭に入らずに、設問を読むときにまた該当箇所を読み直すということが発生してしまうからです。もちろん、はやく読めたうえで理解できるに越したことはありませんが、問題を解くスピードをはやめるためのコツは、本文を読むスピードをただはやめようとするのではなく、設問の解き方で時間を調整することが必要です。

分からない問題は飛ばす

【漢字】 漢字1問に対する標準スピードは1問10秒です。漢字や知識問題には時間をかけずに、思い出せない・わからない漢字は考え込まずに次の問題に進みましょう。勉強をしたのにも関わらず忘れているだけであれば、後で思い出せる可能性もあります。漢字は長考しても分からない場合が多いので、次の問題に進みましょう。

【選択肢】選択肢の問題は、少し考えてもわからない場合は、可能性がある番号に印をつけて後ほど精査します。最後まで問題を解き進めていったときに精査することを忘れないように注意しましょう。

【抜き出し】国語の問題で一番時間がかかってしまうのは抜き出し問題です。設問を読み、答えをイメージしてその後で本文から該当する部分を見つけ出さなくてはなりません。字数制限や文末を意識しながら該当箇所を探すことは意外と時間がかかるため、答えがパッと思い浮かばない場合は飛ばしましょう。

国語の問題は、文章を全部読んでいれば、読み返さなくても答えを出すことができる問題が後半にあることも少なくありません。1問に対してじっくり時間をかけて空欄を作ってしまうよりも、全てに答えを書いたほうが正答率は上がります

記述問題は部分点を狙う

記述問題は他の問題とちがい、部分点というものが存在します。記述問題のコツとしては、部分点を狙っていきましょう。まず、記述の文末が何なのかを読んだら、それをメモするか印をつけます。本文の中から探す問題であれば、該当する箇所に線をひき、それをつなげていきます。たとえ字数が足りていなかったとしても、答えに少しでも触れられていたら部分点がもらえるかもしれません。記述問題を完全解答できなくても、部分点が取れれば、他の問題の1問分くらいの点数は取ることができます。

中学入試では、本番で自分の力をすべて発揮できたかが重要です。国語は長文を読まなければならず、問題を解く時間が短いため、時間配分が大きなカギを握っています。まずは全問解き切り、そのあとで空欄をなくしていけるように努力することが大切です。

テストの時に時間配分を意識しただけでは、なかなか定着はしません。国語は勉強しても急に成績が上がるという科目ではありませんので、日々国語の勉強を続けて安定した得点がとれるようになっていきましょう。

4年生

4年生から中学受験の勉強が始まります。4年生は受験に向けての土台作りとなる1年です。まずは漢字をしっかりコツコツ勉強していきましょう。また、受験生は4年生のうちに5年生で習う漢字は全て覚えてしまいましょう漢字は読解力を磨くためのカギとなります。この時点で国語が苦手だと感じる場合は、新聞を読んだりして毎日活字に触れる習慣を身につけられるようにしましょう。さらに、毎日3000字程度の文章を読むことで、概要をつかみ、文章を客観的にとらえられるようになります。4年生のうちに読解力の基礎固めをしましょう。

5年生

5年生になると、算数など他の科目が急に難易度があがります。他の科目に主な勉強時間をあてることになるかとは思いますが、だからと言って国語の学習を疎かにしないようにしましょう。漢字は5年生のうちに小学校で習う漢字、6年生までに習う全ての漢字を覚えましょう。記述問題は抜き出しだけではなく、難易度が上がります。5年生になると、文章を読んで必要な言葉や要点を正しい日本語で伝えられるようになる必要があります。しっかりと対策していくためにも、記述問題に積極的に取り組みましょう。

6年生

6年生では幅広い文章に触れるということを意識しましょう。比喩表現や文章、詩を文章全体を通じて理解できるようになる必要があります。6年生になり夏を越えるといよいよ過去問対策が始まります。志望校合格目指して国語の安定した得点がとれるよう、問題の解き方をマスターしましょう。また、記述問題では時事問題がテーマになることが多くあります。時事問題に対応できるよう、ニュースをみたり、新聞を読んだり時事問題集を解くなど、社会の流れを把握しておきましょう。

 

当塾では、解法徹底研究と記述徹底演習を繰り返し行うことで、時間配分を考えながら問題を解き、安定した得点力を養っていく、教室型の得点力養成講座、オンライン型の得点力養成講座オンラインを開講しております。
生徒さんのご参加、お待ちしております。

 

講座案内:【オンライン】小6得点力養成講座【集団授業(2~7月)】

半年間で読解問題の得点力向上を目指す講座です。各回ともテーマに基づいて
大問4題を取り扱います。受講結果と復習用動画も完備しています。
教室で受ける授業さながらの授業を得点力養成講座オンラインでも再現しております。