SAPIX(サピックス)の国語対策

サピックスは、カリキュラムや教材が他塾と比較すると特殊なものになっています。サピックスの授業では正しい学習法を身につけることで国語の学力向上につなげることができます。

教材

サピックスの国語の授業は、Aテキスト・Bテキストという教材を用いて進められます。
Aテキストは他塾に比べて、語彙数が少なく構成されており、知識問題記号・選択・抜き出し問題がメインとなっています。
Bテキストは長文読解、記述問題がメインとなっています。

特徴

サピックスの国語授業の特徴は記述に特化しているということが一番の特徴であると言えます。他塾と比較しても圧倒的に記述量が多いテキストとなっています。サピックスのテストでは、記述字数が非常に問題が多く出題されます。また宿題も同様に記述問題がメインとなっています。
これは、御三家や難関校が中学受験において記述を重視していることに起因しています。記述で点数を取ることができるかが合否のカギを握っていると言っても過言ではなく、サピックスではこれらの対策に重きを置いています。
しかし、その一方で、記述問題以外の記号、抜き出し、空欄補充など客観問題を解く力を伸ばすことがなかなかできません。サピックスの国語の授業は、スピードもはやく、応用問題の演習がメインレベルの高い授業になっているため、基礎を鍛えなおす、見つめなおすといった時間はなかなか設けられません。そのため、授業についていくことができなければ内容を全く理解することができないといったケースも起こり得ます。また、全部の問題を授業内で演習するわけではないので、しっかりと家庭学習で復習する必要があります。

志望校別対策

記述重視の中学校

国語の学力が十分に備わっている場合は、Bテキストの宿題、授業で取り扱った課題についてしっかりと学習します。文章を読み、設問に答えるのはもちろんのこと、答えの原因や根拠を論理的に説明できるようになる必要があります。特に難易度の高い学校では、記述字数の多い問題、字数制限のない問題も多く出題されます。また、字数をただクリアすれば良いというものではなく、設問に沿って正確な答えを書く力が必要とされます。サピックスのテキストを活用し、長文の記述に慣れていきましょう。

国語の学力が十分でない場合は、Aテキストの問題をきちんと答えられるようにしましょう。記述問題でも、抜き出しや条件が記載されている問題がメインとなっているため、文章中から探し出す力を養う必要があります。また、語彙力不足が学力が上がらない原因の可能性が多いにあるため、語彙の学習も同時に進めていきましょう。

記述重視以外の中学校

サピックスの授業では記述問題が多く、国語の基礎力を鍛えることがなかなかできません。Aテキストの内容をきちんと学習することで、言語知識や漢字など国語の基本的な知識を身につけることができます。Bテキストは記述問題のため学習に時間がかかってしまいますが、Aテキストの学習も習慣づけることが必要です。中学入試に国語文法は必要なのか?にもあるように、文法を理解することで国語の読解力を向上させることができます。

 

国語の学力が十分に備わっている場合は、Aテキストの語句を完璧に身につけ、選択問題でもなぜその答えを選択したのか根拠を説明できるようにしましょう。部分点の存在する記述問題と違い、選択問題は答えがひとつしかありません。特に、第一志望校が女子学院や慶應普通部、早稲田中、早稲田実業など、選択問題中心の入試問題を出題する志望校の場合は、紛らわしい選択肢が複数あり、消去法だけで対応していくことは難しいので意識して学習する必要があります。

国語の学力が十分でない場合は、語彙力の向上に力を入れましょう。漢字の読み書きはもちろん、意味を正確に覚えることが大切です。サピックスの国語の授業は記述問題に重きを置いており、国語の基礎的な部分は家庭学習で自分でしていかなければなりません。そのため、Bテキストの学習に重きを置きすぎるのではなく、Aテキストの内容をしっかり学習していきましょう。国語に苦手意識を持っている場合は、「国語を苦手と感じないための学習法」を参考にして国語の勉強に取り組みましょう。

内容理解が甘い場合は、再度復習をしてきちんと理解できるようになりましょう。また、Aテキストの読解部分は、ていねいに文章を読むことを心掛けながら解くことが大切です。

サピックス対策

記述問題に対するとらえ方については、「記述力を向上させる」読解ラボ流のポイントをご覧ください。

サピックスでは前途した通り、記述を重視しています。そのため、記述や読解が苦手で授業についていけなくなってしまったり、授業であまり触れられない選択問題をメインとする志望校の場合に、Aテキストでの学習が不十分で志望校対策ができなかったりしてしまいます。そのため、国語の学力、志望校に合わせて効率的な学習を進める必要があります。

当塾では、完全1対1の個別指導で生徒1人1人に合わせた指導が可能です。普遍的な解法を学び、定着させることで国語の読解力を伸ばすことができます。また、当塾ではオンラインでの個別指導も可能となっております。詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

講座案内:長島式読解講座「Basis」【中学受験】

自由なスケジュールで受講可能。理論に裏打ちされた読解法を短期間で習得できます。